カテゴリ:旅( 13 )

旅 Travel

INDEX

↓タイトルをクリック!


●“北の国から”たずね旅

●朝日・夕焼け写真館
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 11:09 |

旅 Travel

INDEX

↓タイトルをクリック!

●僕の旅アルバム…国内編

●僕の旅アルバム…海外編

●“北の国から”たずね旅+美瑛

●北海道トコトコツーリング

●沖縄スナップ

●おみやげちゃん

●おすすめ♪グルメモリー

●旅先たてもの倶楽部

●路地裏ホッとロード

●朝日・夕焼け写真館

●今見るとはずかしい写真集
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 11:09 |

旅 Travel

僕の旅アルバム…国内編

国内で出かけた、あっちこっち。

●神戸の夜
e0165365_8333753.jpg
企業PR誌のイラストルポ取材で神戸を訪れた。その日の分の仕事を終え、同行のライターさんらと夕ごはんに繰り出したとき、素直にきれいだな〜と思い写した一枚。ハデハデピカピカ過ぎずなこのくらい。ちょうどいい感じだな。色のバランスも落ち着いてる…2007年5月撮影。

つづく
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 10:33 |

旅 Travel

僕の旅アルバム…海外編

海外で出かけた、あっちこっちのこと。

●フランス領・レユニオン島

e0165365_223633.jpg 2007年1月。雑誌「モノマガジン」の仕事でフランス領のレユニオン島へと飛んだ。フランスといっても、その場所はアフリカ大陸脇のインド洋。マダガスカル島のとなりにちょこりーんと浮かぶ小さな小さな島であった。
 取材は日本のUCC上島珈琲とフランスとが協同で進めていた、幻のコーヒー復活プロジェクトに関するものだった。かっては文豪バルザックやルイ15世も愛飲したと言われるが、栽培が途絶えて150年という伝説のコーヒー品種「ブルボン・ポワントゥ」。e0165365_237358.jpg1999年にレユニオン島で貴重な原木が見つかり、そこから試験栽培を経ての初収穫が2007年であった。収穫を記念してのセレモニーと栽培農家を訪ねた旅は、2泊4日というとてもハードな日程だったけれども、宿泊のホテルは4つ星の高級スイートで、この上ないほど極上のリラックスタイムを味わい、取材後にはインド洋の海でちょっとだけ泳げたりと、お楽しみも盛りだくさんであった!



e0165365_2311536.jpg
初日の晩遅くにモーリシャスに着き、ホテルで3時間のステイ後、早朝の飛行機でレユニオン島に上陸。すぐに農園を見学した。ブルボン・ポワントゥは一般のコーヒーの木に比べ小振りで人の背丈ほど。原種に近く、栽培も難しいという。

e0165365_0245169.jpg
紅いものが、ブルボン・ポワントゥの、収穫されたばかりのコーヒーチェリー。中の種を口に含むととても甘い。この豆はたてに細長く、扁平なのが特徴。それゆえ焙煎も難しい。帰国してから貴重な一杯を試飲させていただいたが、ドリップし始めた途端、爽やかな風味がたち、一口飲めば上品な酸味とともに透き通った甘みが広がった。コーヒーであるが、コーヒーでないような、なにか新しい飲み物のようにも感じた極上の味であった。うーっ、また飲みたいっ!

e0165365_0253980.jpg
海を見下ろす高台の庭でセレモニーは行なわれた。中央の水色のシャツ姿はレユニオン島の県知事であるポール氏。この画像はセレモニー前のお菓子&コーヒータイムのときのもの。

e0165365_0255677.jpg
2泊目のホテルは目の前がインド洋の海! かなり大きな波が寄せるビーチで、波のタイミングにあわせ体をあずけると、人間サーフィンが楽しめた。これがすごく面白くて、何度も遊んでしまった。。。

e0165365_0261796.jpg
ホテルは今回フランス政府の招待ということもあり、4つ星のスウィートに1人ずつ宿泊! この画像だとそれほどでもないように見えるが、別の部屋もあり、バスルームも広々!!!

e0165365_0272576.jpg
ヘリコプターで空からの島案内もしていただいた。まだ若い島であるレユニオンはハワイにも似た火山島。ジャングルのあちこちに滝が見えた。

e0165365_0274615.jpg
レユニオンの人種構成は多様だ。イスラムの学校を訪問すると、大勢の子供たちの出迎えを受けた。ピュアな笑顔がまぶしかったなぁ。ポーズの男の子、決まってるゼ! ほかにもインドの寺院などを見学した。

e0165365_0275960.jpg
レユニオンの家庭料理は「クレオール料理」。お米も使われ、スパイシーだがやさしく、日本人受けする味。右下のポークも美味しかったなぁ! 西荻窪にクレオール料理店があったら、僕は通っちゃいますね!


ブルボン・ポワントゥ復活の中心人物である川島良彰氏(取材当時はUCC上島珈琲・農事調査室室長)が現在手がけられている新しいコーヒーのプロジェクト『Grand Cru Cafe(グラン クリュ カフェ)』のHPはこちら!

コーヒーに対する意識が大きく変わる一杯に出会えますよ。。。
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 10:30 |

旅 Travel

“北の国から”たずね旅+美瑛


e0165365_1324417.jpg 2008年7月、妻のマーと旅行に出かけた。思い切りベタなノリで観光してみようということで行き先に決めたのは、北海道の富良野。そう、TVドラマ「北の国から」の舞台である。
 世の中に北海道好きは多いと思うけど、30代以上の場合、この作品の中毒患者は相当な割合を占めると思う。僕も重度ではないにしてもそのうちの一人(笑)。とはいえ、これまで何度かツーリングや釣りなどでこの地を訪れたことはあるものの、目的がアウトドア遊びであっただけに立ち寄ったのは劇中に登場した温泉くらいだった。「いつか機会があればドラマゆかりの名スポットの数々をたどってみたい…」そんな思いでいたところに浮上した今回の計画。いやぁ、出発前から燃えた!

 いざ行かん!ということになり、2人で予習のためにしたことは、TVシリーズ第一話からスペシャル版のラスト「2002遺言」までの全話を観返すこと。レンタルしてきたビデオを主に週末にまとめて観る感じで、2ケ月をかけてクリアした。僕は改めて、またスペシャル版しか観たことがなかったというマーもすっかり北の国からジャンキー状態である。e0165365_17405212.jpg寝言で「ルールルル」や「〜なわけであり…」をつぶやき、劇中BGMを鼻歌で唄い、いつしか夫婦の会話には五郎や草太にいちゃん、涼子先生らの口調が現れるようになっていった(今は抜けました)。

 旭川空港からレンタカーを借り、空港寄りの美瑛(この町も楽しいところ!)も併せて楽しんだハイテンションツアー。美味しいもんたちの画像も一緒に、では紹介していきましょう。

2008年7月14日〜17日。3泊4日の旅


●Gosh

e0165365_8221231.jpg
羽田空港発の午前便で旭川空港へと飛んだ僕らが到着後、まず目指したのは、美瑛にあるカフェ「自家焙煎珈琲店 Gosh」。数年前にモノマガジンの取材で訪れて以来のファンで、久しぶりに美味しいランチとコーヒー&ケーキを堪能した。画像は自家製のパンとローストビーフを使ったサンド。僕はビーフシチューをいただいた。晴れた日はテラス席が気持ちいい!

●鳥沼公園

e0165365_9122663.jpg
Goshを発ち、再び国道237号で南下すると、間もなく富良野に入る。のんびりとした景色が広がる中、最初に立ち寄った「北の国から」スポットが鳥沼公園。「'98 時代」で黒板純(吉岡秀隆)と小沼シュウ(宮沢りえ)がボートに乗った小さな池がある。係留された貸しボートは無料で、なんとも大らか。大きなニジマスが何匹も泳いでいた。国道脇ではあるが森に囲まれ、とても静かに過ごせた。

●草太にいちゃんの牧場

e0165365_940415.jpg
さあ、ベタベタといきましょう(笑)。国道237号から県道253号に入り黒板家が住まいを構えた「麓郷」方面へ。このあたりからロケ現場が次々と現れてくる。道沿いに見えたこの牧場は、草太にいちゃん(岩城滉一)のフェニックス牧場。

●中の沢分校

e0165365_9311385.jpg
牧場のすぐ先にあるのが、純や蛍(中嶋朋子)、笠松正吉(中沢佳仁)が通った小学校。涼子先生(原田美枝子)とのふれあいのシーンが思い出される。今は集会所として使われていて、この日も軽トラが集まっていたが訪れた僕らに気を使って下さり、わざわざどけてくれた(ありがとうございました!)。絵に描きたくなるような雰囲気ある木造校舎だ。

●「中ちゃん!、中ちゃん!」(五郎さんの口調を思い出してね)

e0165365_943428.jpg
麓郷の町に入ると、ドラマにも度々登場した建物が。「中ちゃん」こと、中畑和夫(地井武男)の中畑木材(左)だ。実在する「麓郷木材」の事務所がそのまま撮影に使われており、中で働く皆さんたちも見学者には慣れていらっしゃる様子。右上は「小野田そば」。第8話で赤ちょうちんの飲み屋として登場。創業40年以上の歴史ある手打ちそば屋さんで、トイレ脇には以前使っていたであろう木製のおか持ちがころがっていた。野菜天のおそばが素朴で美味しかったなぁ。
初日の麓郷見学はここで終了。宿泊先に向かいがてら「北の国から」ドラマの出発点とも言える「布部」駅(右下)へ。現在は無人駅だが、僕らのほかにも見学者が数名いらしていた。

●石の家へ

e0165365_17281529.jpg
さて、2日目。この日はまず「'95 秘密」から五郎が住むようになった石の家を見学だ。デザイン的にも一番好きな家。紅い屋根も緑の森に映えてとてもきれい。中に入るとちゃぶ台などの生活用具や薪ストーブ、純と蛍の写真が飾ってあったりと、ドラマそのままの雰囲気が保たれていた。この石の家の手前にある「蛍のソフトミルク」は倉本聰主催の富良野塾・塾生によるソフトクリーム店。見学の後のブレイクに最高おすすめ! さっぱりと、だけどミルキィなコクはたっぷりと、実においしかった。営業は夏季限定らしいのでチューイ!

●はじめの家に、燃えたあの丸太小屋も

e0165365_1734686.jpg
続いて「麓郷の森」へ。ここは初期のロケ地であり、「北の国から」所縁の観光名所としても歴史あるところ。最初のTVシリーズに登場した一番はじめに黒板一家が住み始めた家(上)や、「北の国から'84 夏」で焼失した丸太小屋(下左)がある。また、風力発電のある五郎、3番目の家も。たしか、れいちゃんとつきあってた頃に住んでいた家ですねぇ

●羊だらけのキャンプ場

e0165365_1833890.jpg
ところで、初日、2日目と宿泊したのは中富良野町にある「星に手のとどく丘キャンプ場」。ネットで見つけたのだけど、釣りのできる川も近く、また美味しいジンギスカンもいただけるなかなか素敵なキャンプ場だった(僕らはバンガロー泊)。二泊とも夜は曇ってしまい星は見えなかったけど、朝は「ドドドドドド〜ッ!!」と霧の中で放牧された羊に起こされるという幻想的かつ快感の目覚めを体験。マーはかなり楽しんでいた。左下は夕方ちょっとだけした釣りで獲得のニジマスを焚き火で焼く僕♪

●まっすぐ、まっすぐ、お約束〜っ

e0165365_18172099.jpg
北海道に来ると、ついついやってしまうのがこの記念写真。これはキャンプ場そばの道で。以前ツーリングした時も、バイクといっしょにこんな写真をやたらたくさん撮ってたなぁ(笑)

つづく(2009.3/3更新)。
…と書きながら放置中。ご、ごめんなさい!
(2012 年10月)
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 10:26 |

旅 Travel

北海道トコトコツーリング

2001年から3年間、毎年夏に過ごした北海道での時間。
新聞配達用のホンダ・スーパーカブ50でトコトコと走りながら。

e0165365_10113231.jpg


トコトコと作成中。
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 10:04 |

旅 Travel

沖縄スナップ

大好きで何度も出かけている沖縄と、沖縄の離島で写した(写された)、ある一瞬の時間。

●種子取祭
e0165365_13511474.jpg
竹富島で毎年秋に行なわれる大きな行事であり、国の重要無形民族文化財「種子取祭」(タニドゥリィ)。その中の芸能奉納でのひとコマ。陽気な歌声の女性たちの踊りに見とれた。2002年11月撮影。


つづく。少しずつアップしていきます。
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 10:01 |

旅 Travel

おみやげちゃん

旅先から連れ帰ったモノたち。

●ミネソタで

 1997年の7月、アメリカ・ミネソタ州の田舎に遊びに出かけた。冬に誤って車で轢いてしまった鹿が夏になって解凍されステーキになり、ディナーの一品となって食卓にのぼるような土地だった。そのときに地元の大きなショッピングセンターで買ったもの。いまだに作るのがもったいないというか決心がつかず、箱入りのままになっている。もう20年くらい放っておいて、ある日突然組み立て始めるなんていうのがいいかなぁと、思っている。
e0165365_14223413.jpg


つづく。
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-29 09:55 |

旅 Travel

おすすめ♪ グルメモリー

旅先で僕が「おいしかったなぁ〜♪」と感じたもの。

●わらび餅にうなっちゃう

e0165365_21374095.jpg
 うまかったなぁ。ほんとにうまかった。2007年、今の奥さんと婚前旅行(むふ)に出かけた京都で食べたんだなぁ。
 お店の名は、「洛匠」。草わらび餅が名物の人気店だ。もうねぇ、「プルプル、プルプル、トゥルルン」て感じでね、奥さんのマーも口に運んでは「うーっ、う〜〜〜〜〜っ!!!」ってうなりながら感激してた。
 また、京都に出かけたら絶対食べたい味。



●鳴門に来たら、フィッシュカツ

e0165365_2126195.jpg
 友人たちのいる香川に毎年出かける。香川と言えば“讃岐うどん”だけれども、おとなりの徳島と言うと、この“フィッシュカツ”が最近のアタリ名物なんだとか。大学時代を徳島で過ごした友人Oくんが持ってきてくれました。
 いわゆるB級グルメ。カレー味ってところがストロングに駄菓子屋的で泣かせてくれます。
 指先をたっぷりと油でてからせながらパクリパクリといきましょう。晴れた日に池で釣りでもしながら、ビール片手に。


●松翁軒でカステラ

e0165365_9355123.jpg
 企業PR誌のイラストルポ取材で訪れた長崎県・長崎市で。編集さんからの「ここがイチバンらしいですよ」との情報で、同行のライターさんと突撃! 二階の喫茶部「セヴィリヤ」でコーヒーとともに食した。店内の装飾とともに、この街らしい異国情緒を味わえる。取り寄せも出来るけど、もし長崎へ旅行することがあればこのスペースでいただいてみよう…2007年2月撮影

松翁軒のサイトはこちら

つづく
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-28 14:42 |

旅 Travel

旅先たてもの倶楽部

旅先で見かけた粋で素敵な、あるいは不思議だったり怪しい建築物、お店など。レトロ系であること多し。


●下関・旧秋田商会ビル
e0165365_1465444.jpg
企業PR誌のイラストルポ取材で訪れた山口県・下関市で。唐戸洋館のひとつで、1915年に建てられたもの。現在1階は観光情報センターになっている。実際には見られなかったけど、屋上が日本庭園というのが楽しい。このときは午前早めの時間で、朝日が当たってきれいだったなぁ。ほかにも下関にはたくさんの古い建物があり、観光スポットとして、街のいいアクセントになっていた…2006年11月撮影

●煙突が立派だなぁ
e0165365_1415978.jpg
やはり企業PR誌のイラストルポ取材で訪れた兵庫県・高砂市でみつけたお風呂屋さん。この写真は裏側から写したもの。「The 木造 !」といったたたずまいが素晴らしい。特に煙突がいいですね。ひと風呂浴びてみたかった…2006年4月撮影

つづく
[PR]
by tokishin66 | 2008-11-27 21:00 |